WORK

おすすめのインナーカラーをご紹介!もちの良い色やインナーカラーのメリット、デメリットもお伝えします

  1. HOME >
  2. WORK >

おすすめのインナーカラーをご紹介!もちの良い色やインナーカラーのメリット、デメリットもお伝えします

※アフィリエイト広告を利用しています

年の瀬も近くなってきて、気分が少し慌ただしくなってきましたね

こういう節目にはいつもと少し違うカラーをしたくなるお客様が増えます。

ということで今回はおすすめのインナーカラーのご紹介をします

インナーカラー何色がいいかなー?と悩まれている方や、

インナーカラーを入れる事のメリットとデメリット、またそのデメリットの対応策をご紹介しますので

インナーカラーで悩まれている方はぜひ最後までご覧ください

おすすめのカラー4選

ここ最近で一番多いのはシルバーです

シルバーのおすすめポイントはシルバーシャンプーを使えば結構長い事色持ちしてくれる事です

表面もほんのり明るい色にするのもいいですし、真っ黒にしても個性が出ていいと思います

こちらの色も

インナーがシルバーで表面は紫みが強めのシルバーブラックです。ちょい個性的なのが好みの方にお勧めです

シルバー系の色のいいところはシルバーシャンプーを使えば結構長い事色持ちしてくれるところです

2ヶ月経っても色が残ってる人もザラにいます。

おすすめのシャンプーはこちら


次にお勧め色はピンクです

こちらもとても人気です。

ピンクもピンクシャンプーを使えば色もちがすごくいいです。

ピンク系のシャンプーのおすすめのシャンプーはこちらです


次におすすめのカラーはオレンジです

明るいイメージに見えやすい色です。

夏場にこういう色にされる方が多いです。

お勧めのシャンプーはこちら


最後におすすめの色はこちら、逆に暗くするパターンです

逆に顔まわりを黒にするパターン。

顔にグッとしまりが出ます。

一点注意していただきたいのは、目の下のくまやシワをきにされてる方はそこが強調されてしまうのでおすすめはしません

インナーカラーのメリットとデメリット

インナーカラーを入れるメリット

  1. 好きな色を入れれる
  2. 一度入れると何回かは違う色を楽しめる
  3. 耳かけした時もおしゃれ!

解説します

1.好きな色をいれれる

全体的にその色にするには恥ずかしいけど、さりげなくご自身の好きな色を取り入れれるのは

日々の気分を上げてくれるのでとてもメリットだと思います

2.一度入れると何回かは違う色を楽しめる

ダブルカラーをする際には大体一度はブリーチするので、例えば一回はピンクを入れたとして

1ヶ月から2か月後に色が抜けてしまったとしても、次はシルバーを楽しんだり、オレンジを楽しんだり

する事が可能です。

その人の長さにもよりますが4、5ヶ月は楽しめると思いますので季節に合わせて色を変えるのもおすすめです

3.耳掛けした時もおしゃれ!

言わずもがなインナーカラーの醍醐味とも言いましょうか、

耳掛けした時にめちゃめちゃ可愛いです。

よくポニーテールとかをする方も括った時に見えるインナーカラーのラインが

とてもおしゃれに見えますよね。

幅広い年齢層の方がされてえるので、悩まれてる方は是非一度チャッレンジしてみていただきたいです

インナーカラーを入れるデメリット

  1. ブリーチをした部分は痛む
  2. 一色に戻そうと思ってもなかなか戻らない
  3. 根本が伸びてきたら色の差がクッキリ出る

解説します

1.ブリーチした部分は痛む

やはりブリーチした部分は痛みます。

とはいえ狭い範囲なので客観的に見たら全然わかりませんが

ご自身で触った際に少しざらつきを感じたりすることはあるかもしれません

最近は薬も進化してるのと処理剤も進化してるのでダメージを軽減することは可能ですので

ダメージが気になる方はご相談の上行って下さい

2.一色に戻そうと思ってもなかなか戻らない

一度ブリーチが入った部分に関しては染めたては一色に戻るのですが

ブリーチ部分だけは褪色が早いため数週間で明るくなります

逆にいえば一色に染めてもインナーカラー部分はいい感じに早く褪色して

それはそれでキレイだったりするのでメリットでもあります

3.根本が伸びてきたら色の差がクッキリ出る

インナー部分なのでそんなにすぐには気にならないとは思いますが

下ろしてる状態でしたら大体半年くらいで

根元の黒い部分とブリーチ部分の色の差が気になるようになるかと思います

耳掛けした際を考えると、早い人で2、3ヶ月できになる方もおられるかもしれませんが

耳掛けしなければ全然まだまだ大丈夫です。

気になる方は根元だけブリーチしてからいろを入れたりするとダメージもましなので

髪の状態に合わせて美容師に相談してみて下さい

まとめ:一色染に飽きてしまった人はインナーカラーがおすすめです!

今回はインナーカラーについてご紹介しました。

インナーカラーにはメリットがたくさんあります。

是非一度お試し下さい

よくある質問

Q.所要時間はどれくらいですか?
Q.インナーカラーだけの値段はどれくらいですか?
Q.どんな色でも可能ですか?

よく読まれてる記事

-WORK